リンク切れ動画

【タモリ電車クラブ】「タモリ倶楽部」売ってないから作るしかない 自作鉄ものエキスポ2014 2014年6月14日・21日放送【もうやん】

「タモリ倶楽部」2014年6月14日・21日放送 売ってないから作るしかない 自作鉄ものエキスポ2014 <前編> 今回は「売ってないから作るしかない 自作鉄ものエキスポ2014」と題し、自分が欲しいモノは自分で作る「自作鉄」が集結。 愛知県在住の田中秀樹さんは、本物の鉄道を個人で楽しみたいという思いから自作でナローゲージを走る鉄道を制作している。自作の鉄道ながら本物のVVVFインバーター音を出せることについて、南田裕介は「止まる時の音がすごくリアル」とコメントした。また、実際に乗車したタモリは、「すごくいい」と感心した。 田中さんは、他にも「両抱き式エアブレーキ」や、京急のインバーター音やEF210桃太郎インバーター風の音を表現できる「VVVFインバーター音再現コントローラー」を制作している。近鉄のモーター音の再現を聞いたライセンスの2人は「めっちゃわかる」と興奮した。 奈良県在住の阪口聖太さんは、踏切警報機などの保安設備を自作している自営業経営者だが、作品が大きいため東京に来ることが出来なかった。そのかわりにグーグルストリートビューを駆使して作品を鑑賞。庭に置いてある自作の踏切警報機は、ランプが点滅するだけではなく通りがかりの車の音まで再現出来る仕組みになっている。 <後編> 多田宗弘くんが自作の「ATS警報機」を紹介した。ATSとは自動列車停止装置といい列車が停止信号を超えて進行しようとした場合に警報を与えたり自動的にブレーキをかけて、停止させるものだという。その警報機を多田くんは鉄道模型用のNゲージコントローラーを使用して自作したのだと説明した。しかし、実際に試してみると思っていた音と違うとみんなから突っ込まれた。会場に来ていた多田くんのお母さんにも失敗だと伝えられた。 岡村昭太郎さんの自作した「1/1スケール 自作 飯田線シミュレーター」を紹介。この飯田線は究極のローカル線として多くのファンを惹きつけているとのこと。本格的な出来にタモリら一同は関心する。岡村さんは鉄道運転シュミレーションゲームの「BVEトレインシム」から発展させて作ったのだという。また作るのには一駅1年もかかるらしく七駅分までしか出来ていないとのこと。 タモリが飯田線の飯島駅から田切駅の運転に挑戦する。あまりの出来の良さにタモリは楽しみながらプレイし欲しいと語った。また南田裕介も我慢できなくなえり運転することに。興奮しすぎて駅手前に到着。続いて市川紗椰も挑戦。タモリのアドバイスを受けたがうまく止まれなかった。しかしタモリが修正をした。 自作鉄ものエキスポ2014の各賞を発表。市川紗椰の市川賞は岡村昭太郎の作品が受賞。賞品はE6系風のサンダルだった。続いて南田裕介の南田賞は田中秀樹さんが受賞した。 出演 藤原一裕(ライセンス) 市川紗椰 井本貴史(ライセンス) 南田裕介

登録:2017/02/17 22:59:17    再生:186  コメント:0  
登録タグ:
登録ソース:
Flash版プレイヤはこちら旧プレイヤで再生

この動画を不適切な動画として報告する

FC2 SayMove!では動画・画像の保存、配信を一切行っておらず、動画は全て配信元サイトにより提供されております。
不適切な動画の場合は配信元サイトにごアクセスいただき、必要な手続きを行って下さい。

この動画の削除依頼 http://jp.youtube.com/watch?v=LSJsn_3XCFo
動画の削除は配信元サイトの判断により行われますので、弊社へ連絡しても対応は出来かねます。

動画へのリンク切断を希望される著作権所有者は下記へご連絡下さい。
FC2 SayMove!には表示されなくなりますが、配信元の動画はそのまま残りますので
元の動画を削除するには上記URLから配信元サイトへ削除申請をお願いします。
SayMove!へのURL削除依頼について